MENU

疲れ目に効くサプリ!

 

疲れ目に効くサプリ成分

 

疲れ目に最適だといわれているサプリ成分について、代表的なものをいくつかご紹介していくことにしましょう。

 

・ルテイン

 

抗酸化作用がある成分として知られています。活性酸素を除去してくれることから、老化を防止することもできるでしょう。また、ブルーライトを黄色で吸収する作用があるため、スマホやパソコンを頻繁に使用する人に最適です。

 

・アントシアニン

 

目の神経をサポートする成分です。ポリフェノールの一種であり、古くから疲れ目に役立つとして利用されてきました。

 

・ビタミン

 

ビタミンの中でもA、B群、Cは、目の疲れを予防する働きがあることで知られています。ビタミンAは、粘膜や網膜を保護したり、乾燥を防ぐ働きがあります。ビタミンB群は、神経の伝達機能をサポートする他、たんぱく質の吸収性を高めて、水晶体や毛様体筋の活動を促す効果が期待できる栄養素です。一方、ビタミンCは、目の疲れだけではなく、毛細血管の健全化に役立つことから、充血を予防する効果があるといわれています。

 

・DHA

 

青魚に多く含まれている栄養素です。近年、視力の回復にも役立つとして、注目を集めるようになりました。脂肪酸が豊富であるため、網膜の健康状態を向上させたり、血行促進による充血の解消に役立てることができます。

 

・アスタキサンチン

 

慢性的な目の疲れに役立つと言われている成分です。カロテノイドの一種で、眼疾患予防効果があるといわれています。また、抗酸化作用が高いため、紫外線などのストレスから目を守ることができるでしょう。

 

疲れ目の原因は?どんな人がなりやすい?

 

一言で疲れ目といっても、様々な原因があります。原因を特定することで、適切な対象方法が分かりますので、まずは該当する原因について把握するようにしましょう。

 

また、どのような人が疲れ目になりやすいのでしょうか。疲れ目の原因と共に解説していくことにします。疲れ目の代表的な原因として多いのは、目の酷使です。近年、パソコンやスマホを毎日利用する人が増えており、想像以上に目を酷使しています。

 

仕事柄、長時間に亘ってパソコンを使用している人は、かなり目が疲れているといえるでしょう。それから、慢性的なストレスを抱えている人も、目が疲れやすくなります。

 

ストレスが溜まると、自律神経のバランスが崩れます。その結果、筋肉や神経が硬直して血管が圧迫され、目が疲れてしまうのです。それから、睡眠時間が不足しがちな人も、目が疲れやすくなるでしょう。視神経や目の周りの筋肉を十分に休めることができないため、疲労の回復が不十分となり、目が疲れやすくなるのです。

 

他にも、生活習慣病の傾向がある人や、加齢、ドライアイ、空気の乾燥などが引き金となって、目が疲れやすくなることもあります。疲れ目を感じたら、適度に休憩を取り入れながら、目を休ませてあげることが大切です。

 

また、何らかの疾患が原因で目の疲れが発生することもあるため、症状が続くようであれば、早めに専門医の診察を受けることをお勧めします。早期に対処すれば、疲労回復までにかかる時間を短縮することができるでしょう。

 

疲れ目の症状…酷くなると頭痛も?

 

疲れ目の症状の代表例としては、目のかすみ、異物感、目の乾き、ピントが合わないことなどがありますが、頭痛の原因となることもあるでしょう。なぜ、目が疲れると頭痛の原因となるのでしょうか。詳しく解説していくことにします。

 

疲れ目が原因で発症する頭痛には、2つの種類があります。1つは、緊張型頭痛です。締め付けられるような痛みがあり、極度の肩凝りや首の筋肉の硬直が伴います。更に症状が悪化すると、めまいや吐き気を感じるようになるため、注意が必要です。

 

もう1つは、偏頭痛です。発作的に発症する頭痛で、片方もしくは両方のこめかみが脈を打つように痛みます。時間の経過と共に痛みが和らぐこともありますが、数日間続くこともあるでしょう。緊張型頭痛と偏頭痛は、目の疲れを緩和することで症状を和らげる ことができるとされています。

 

最低限、以下の3つのことに気を配るようにしましょう。1つは、部屋の明るさを調整することです。部屋の中は、明る過ぎても暗過ぎてもいけません。無意識のうちに、目の周りに力が入っているようであれば、明りを調整するようにしましょう。

 

2つ目は、適度に目を休めることです。特にパソコンで作業をしている場合は、1時間感覚で10分程度休憩を挟むようにします。その際、目を温めたり冷やすことで血行を促すと、疲労回復を早めることができるでしょう。

 

最後の3つ目は、視力に合った眼鏡やコンタクトレンズを使用することです。特にコンタクトレンズは、知らぬ間に合わなくなっていることがあるため、定期的に調整するようにしましょう。

 

疲れ目のときは目を温めるべき?冷やすべき?

 

目が疲れているときに、温めたり冷やすことがあります。どちらの方法を用いると、疲れ目解消につながるのでしょうか。

 

どちらも目の疲れを解消するために活用することができますが、与える作用に違いがあるだけではなく、効果も異なってきます。また、状況によっては逆効果となることもあるのです。

 

まず目を温めることで得られる最大の効果ですが、血行を促進させて筋肉を弛緩させることだといえるでしょう。目が疲れていると、肩や首の筋肉も硬直状態となるため、温めることでリラックス効果が生まれ、疲れを和らげることができるのです。

 

また、疲労回復と共に油膜不足が解消されることから、ドライアイにも効果があるといわれています。ただし、目の充血や炎症がみられるときは、温めることで悪化する恐れがあるため、注意するようにしましょう。

 

次に目を冷やすことで得られる効果についてですが、血管を収縮させることができるため、慢性的な疲れ目よりも軽度の疲れ目のときに最適です。

 

充血の解消や、痛みの緩和のために用いることもできるでしょう。とはいえ、一部の視神経の疾患を発症している際は、冷やすことで症状を悪化させることがあります。

 

今まで目を温めても疲労が回復しなかった場合や、その逆で冷やしても疲労が回復しなかった場合は、目の状態を正確に把握していなかった可能性が考えられるでしょう。その時々で使い分けるようにし、どうしても対処法が分からない場合は医師に相談することをお勧めします。

 

疲れ目になりやすい人はアイケアにサプリを使うべし!

 

疲れ目は、別の見方をすれば軽度の眼精疲労といっても過言ではありません。あくまでも軽度ですので、適切なケアを取り入れれば解消できるのです。とはいえ、目が疲れてからアイケアをするのではなく、普段から眼の細胞や組織、機能性を向上させて、疲れにくい目の状態を作ることが大切だといえます。

 

そこで活用したいのが、アイケア専用のサプリです。なぜ、アイケア専用のサプリを利用した方が良いのでしょうか。3つの理由について、詳しく解説していくことにします。

 

1つ目は、眼の細胞へ与えるダメージを軽減することができるからです。目を酷使するだけではなく、ブルーライトによるダメージを緩和してくれるルテインは、ほうれん草やブロッコリー、かぼちゃなどから摂取することができます。

 

特にほうれん草に含まれるルテインの含有量は多く、毎日でも口にしたいものですが、大量に食す必要があるためサプリを活用した方が便利です。

 

2つ目は、抗酸化作用が期待できるからです。疲労物質が体内で蓄積されていくと、慢性的な疲労の原因となります。

 

アイケア専用のサプリの多くは、抗酸化作用が期待できる栄養素が多く含まれているため、疲労回復までに掛る時間を短縮することができるでしょう。

 

3つ目は、副作用の心配がないからです。疲れ目専用の目薬を使用する人が目立ちますが、市販の目薬には防腐剤が含まれている可能性があります。

 

アイケアサプリの中でも、天然由来成分で作られているサプリであれば、身体にダメージを与える心配もなく副作用もありません。

更新履歴